Accessary Care

​購入後のアクセサリーケア

美しい輝きのまま、長くご愛用いただけるよう、宝石の特徴やお手入れ方法をご紹介します。

 

<日常の簡単なお手入れ方法>​

●外したらすぐに拭く習慣を

ご使用後のジュエリーは、汗や油などで汚れてしまうもの。そのままにすると、ジュエリー本来の輝きが損なわれてしまう原因となってしまいます。
外したら、すぐに柔らかい布などで汚れを拭き取ってから保管するように心がけましょう。

●最後に着けて最初に外す

化粧品・クリーム・ヘアスプレー・香水などの油分やアルコールはジュエリーにとって大敵です。
また、ジュエリーを身に着けたまま衣服を脱ぎ着すると摩擦や引っ掛かりでジュエリーの破損や紛失の原因にもなります。ジュエリーは繊細なものですので、取り扱いの際は十分に注意しましょう。

●保管するときは

宝石の硬度はダイヤモンドのように固いモノからパールのように柔らかいものまでと様々です。硬い宝石と柔らかい宝石を一緒に保管すると擦れ合って傷がつく原因にもなります。
保管をする際は宝石同士がぶつかり合わないように、小袋や宝石箱の仕切りを上手に使い、一つずつ保管するようにしましょう。

●こんな時は外しましょう

水仕事・入浴・シャワー・プール等、ジュエリーが水に濡れてしまう時はなるべく外しましょう。石鹸や湯垢などが宝石の輝きを曇らせてしまいます。
また、ジュエリーは、塩素や硫黄に弱い為、宝石や地金が変色してしまうことがありますのでご注意下さい。
また、就寝時もジュエリーの変形や怪我の原因になることがありますので外すよう心がけましょう。

 

<家庭で出来る簡単なお手入れ方法>​

●地金(ゴールド・プラチナ)だけのリングやチェーンネックレス、ブレスレット

  1. 専用クリーナーか中性洗剤を入れたぬるま湯につけて、柔らかいブラシで軽くこすります。リングの裏側やチェーンの隙間もよく磨いてください。

  2. 必ず真水につけてすすぎます。

  3. 柔らかい布で水分をきれいに拭き取ります

●ダイヤモンド

  1. 専用クリーナーか中性洗剤を入れたぬるま湯につけて、柔らかいブラシで軽くこすります。

  2. この時、ダイヤモンドの裏側も丁寧に磨いてください。

  3. 必ず真水につけてすすぎます。

  4. 柔らかい布で水分をきれいに拭き取ります。

 

●パール

汗や酸に弱いパールは、大変デリケートです。外したら、その日のうちに柔らかい布で拭きましょう。保管するときは他の宝石と重ならないように注意して並べます。
パールネックレスの場合、年一回は糸が緩んでいないか点検し、早めの糸替えをお勧めします。

●カラーストーン

カラーストーンの中でも硬度が高い、ルビーやサファイア、キャッツアイ、アクアマリンなどは、中性洗剤を使ったお手入れが可能です。(お手入れ方法はダイヤモンドと同じです)

●衝撃に弱い宝石

柔らかい布で拭く程度にとどめましょう。特にエメラルドやパライバトルマリンは、衝撃を与えないよう注意が必要です。
同じ硬度の石どうしがあたると、双方に傷がつくので保管の際は離して並べましょう。

●オパール・ターコイズ・サンゴ・コハク・べっ甲など

柔らかい布で拭くだけにとどめましょう。
保管する時も、一つひとつ布にくるむか小袋に入れて、離して並べましょう。