5603.jpg

A・K Fine Jewelryは

「喜び」

思いが形になった時の喜び

「美しい」

最高の「美しい」をお届けする

世界中で愛されている「蝶」は縁起のいいもの、

​「美しい」、「喜び」、「変化」、「復活」の象徴である。

「変化」

一人一人のメタモルフォーゼをサポートする

「復活」

生まれ変わるアフターリニューアルサービス

を理念に私たちはジュエリーを通じて、

​あなたの「美しい」をコーディネートします。

5604.jpg

金森 玲奈

代表

Kanamori Reina

海外の美術大学を卒業後、東京でジュエリーの学校を卒業。デザイナーとして活躍。海外3ヵ国に居住していたため、インターナショナルなデザインセンスを持つ。身につける人の魅力を引き出す、上質で洗練された天然石ジュエリーは評判を呼んでいる。

担当:A・K Fine jewerly/シャンクジュエリー/ワイヤーアートジュエリー 

松村 見奈

matsumura mina

西条本店 店長

幼少期から布小物や編み物などのハンドメイドにふれ、楽しさを実感。デザイン学校で絵画やイラスト、造形などを学ぶ。学校卒業後、雑貨、飲食、アパレルなど様々な経験を積みながら、その中で天然石アクセサリーに出会う。この頃からマクラメアクセサリーを独学で学び始め、制作活動本格的に開始し、作品を販売スタートさせる。

大阪から、愛媛県西条市に拠点を移し、ルナリアへ。
ジュエリーの世界を学び、改めて宝石、天然石の魅力を再確認。
新たなマクラメジュエリーを再始動させる。同時にマクラメの幅を知ってもらうため、インテリアのマクラメも始動する。現在は教室やオーダーメイドでマクラメ作品を提案しながら、作り続けている。

担当:マクラメアート/シャンクジュエリー

越智光太郎

oti koutarou

デザイナー

愛媛県生まれ。作品をハンドメイドイベントなどで販売。主に愛媛を中心に活動。A.Kと出会い洗練されたデザインに触れ入社。
今はプテラというサブブランドのデザイン兼制作を務めている。

ラテン語でのプテラ(ptera)は翼という意味。翼自体には羽以外にも均整が取れた美しさという意味合いもあります。

ユニセックスなバランスがとれた美しいデザイン。
男女問わず付けれるを意識したシンプルかつ個性的なデザインの作品を目指しております。

担当:シャンクジュエリー/ワイヤーアートジュエリー

5605.jpg
5606.jpg